スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下降気味↓

4日目:雨の降る日

朝からかなりの雨模様。。。
予想していたとはいえ、どんより肌さむーい天気に気分も下降線↓
晴れていたら、ボタニカル・ガーデンにでも行こうと思っていたけど、天候に左右されるメルボルン観光に、気分もお空と同様灰色です。。。

雨が降っていると、選択肢が限られてくるので、こちらとしてもどうしていいのか困ってしまう。
私としては、こうして欲しい、あーして欲しいとリクエストがある方がやりやすいのだけど、なんだか、「やあ、わからないし、任せるよ。」的な態度にだんだんこちらも、ストレスが。。。

まあ、あたしも7年もこちらにいると、考え方が多少西洋化しているんだろう。
意思表示ははっきりとして欲しい、と思うのだけど、日本人的遠慮/謙遜だということが分かるだけに、こちらもつらい。。。

しかも!
こんな大事な時に風邪ひいたってばーーーーー!!!!
のどいてー↓
どうやら、毎日の気疲れに加え、密室のバンにずーっと一緒にいたので、伯父の風邪がうつった模様。。。
ぐすん。

天気予報を見ると、翌日は天気が回復へ向かうらしいということだったので、急遽、グレートオーシャンロードに行ってみたいということで、翌日のツアーを予約しにシティにある日本語ツアーの手配会社へ向かう。
(多分、毎日私たちに負担をかけないように言ってくれたのだろう。。。)

私は次の日、結婚式のためのネイル(サウス・ヤラ)とまつげエクステ(フィッツロイ)の予約があったので、これ幸いということで両親+伯父&伯母をツアーに参加させ、妹は私のアポの間、その近辺でショッピングに落として行くことに決定。

少しほっとしたところで、昼はチャイナ・タウンで昼食をとったのだけど、そこでも少し気分の気まずくなることがあり、またまたストレス増加。。。

その後、フェデレーションスクエアでアボリジニーアートの展示をやっているとのことだったので行ってみたが、その日はなんと閉館日。。。

やることなすことうまく行かない日で、こーゆー日もあると普段なら思えるのだけど、自分だけでなく、英語の話せない5人の通訳(というかむしろ心理透視に近いものが)+気疲れでもう、爆発寸前に

その日は、もう疲れてしまったので、みんなをホテルに送り届け、家に帰ってだーりんに泣き言を聞いてもらう。
ダーリン、「もう一生、こんな機会はないんだから、いろいろストレスがあるかもしれないけど、きっといい思い出になるから。」って。グズン。

よーし!!!
気を取りなおして、今日の晩ご飯はうちに来てもらうことに。
張り切って買い物に行って、ご飯を炊いて、お味噌汁も作って、(おかずは時間も気力もなくて、テイクアウェーにしたけど)デザートには手作りマフィンも用意!

みんなに私がどんなところに住んでいるのか見てもらって、少しでも私がどんな生活をしているのか分かってもらえたかな??

それに、やっぱりみんなも、初めて日本からこんなに長く離れて、ストレスだったんだろーな。。。
お味噌汁はあという間になくなったし、おとうさんとおっちゃん、リビングにソファーあるのに、カーペットに地座りで、コーヒーテーブルでご飯食べてたよ。。。

残り1日半。
いろんなメルボルンをいっぱい楽しんでねー☆






いつも応援、ありがとうございます!
ポチッとな↓

ヒールスビル&ワイナリー

3日目:ヒールズビル・サンクチュアリ&ワイナリー(+ユリイカタワー@ナイト)

この日は、久々に天気が良さそうだったので、遠出することに。

最初に、ヒールズビル・サンクチュアリというメルボルンの北にあるオーストラリアの動物を集めた動物園へ。

コアラ、カンガルーがすぐ間近に見られて、みんな大興奮でカメラをぱしゃぱしゃ
「もー、これで満足だね。じゃ、帰る??」
なんて、冗談を言っていたら、その後、本当にそのとき帰っておいてもあまり変わらなかったことに気づくことに。。。

そのあと、エミューを見たのみで、タズマニアデビル、ウォンバット、ディンゴは現れず、かなりがっかり
みんなのテンションもさがる↓

(私は以前に2回この動物園に来たことがあるのだけれど、1回目は今回のような感じ、2回目はとても楽しかった覚えがあるので、動物の登場にとてもムラがあるみたいです。)

この動物園、バード(鳥)・ショーが有名なので、最後にそのショーを観覧し、動物園を後に。
どうやら、全部英語でショーが行われていたので、みんなはあまり内容が理解できず100%楽しむことはできなかった様子。(残念)

それから、ヤラ・バレーの中でも最も有名なワイナリーのひとつ、デ・ボルトリというワイナリーへ。

ワイナリー訪問は妹のたっての希望だったので(酒飲みねーちゃん、バー勤務経験あり)、妹はテンション高っ!!

わたし、そんなにワインに詳しい方ではないのだけど、メルボルンにいると自然とワインに触れる機会が多いので、多少の知識はある方だと思う。
特に、白ワインに関しては赤より飲む機会が多いので、妹にうんちくを披露したりしてちょっぴり鼻高々〜

( ̄^ ̄)えっへん

そのワイナリーは景色もとてもすてきで、ワインテイスティングをしないおとーさんたちも、とても楽しんでいたようす。(天気、よくてえかった〜ε-(´ー`*)ホッ)


その後、ワイナリーをいくつか回ろうかと思ったのだけど、みんなお疲れの様子なのでホテルへ帰還。

わたしたちもおウチに帰ってひと休み。


そのあと、ホテルのレストラン集合で、みんなでディーナーをいただく。

もう、遅かったのだけど、(この時点で8時半)どうやら、メルボルン滞在中にはこの日しか天気の良さそうな日はもうない!ということで、急遽、ユリイカタワーに行くこと決定!!

おとーさんは、普段飲めないお酒を調子ににのって飲んでダウン。
o口(・ω・ ) ゴクゴク _| ̄|(´ゝω-)、;'.・ オェェェェェ
でお留守番。
(ま、高所恐怖症だからね、その方がよかったかもね)

わたしも、昼間に上ったことはあるのだけど、夜は初めて。
メルボルンの夜景、私が7年前に来たときより、もっと明るくて広範囲に広がって来ていると思う。
街が急速に成長して行っている感じ。

みんなも、キレーな夜景に大満足☆

(妹とダーリンはビルから突き出すガラスの箱に乗り込んでたけど、わたしは、高いのあまり得意でないので遠慮)

みんな、歩き疲れちゃってその日はくたくただったけど、ほんと、来てよかったにゃ〜
(*´▽`)*´▽`)*´▽`)ノ


まさに、この日はメルボルンを満喫しました☆


いつも応援、ありがとうございます!
ポチッとな↓













市内観光

2日目:市内観光

次の日はベタに市内観光をすることに。
メルボルンに6年も住んでいるけど、いざ家族を観光に連れて行くとなると、「うーん、どこがいいんだろ???」と悩む。

事前に思いつく限りのリストを作ってみて、当日の気分&天候に任せることに。

天候と言えば、今週のメルボルン、前日までの初夏のような天気とは打って変わって、どんより雨模様↓↓↓
ダーリンさんは、せっかく家族が来てくれたのに天気のせいでメルボルンの印象が悪くなることをとても心配しているよう。
わたしも、雨の中をうろうろするのはいやだし、毎日、天気予報をチェックしまくり、気が気ではない。

とりあえず、午前中、ヴェクトリア・マーケットに行く。
(万一、雨が降っても一応屋内だしね。)

そこで、家族の購買意欲↑↑↑
メルボルンの天気、思った以上に寒かったのか、妹とおじさんは革のジャケットを購入。
(その後、このジャケットたちは毎日大活躍することに)

そこで、なぜか、私も鞄を購入しちゃったよ。
(だって、安かったんだもん♪)

それから、そこでお昼ご飯を食べて、シティーに移動。

シティーサークルに半周だけ乗り、パーラメント、セイント・ポール教会やフリンダース駅、ブロック・アーケードやカフェの立ち並ぶ狭い小道などを散策。

お父さん、「ナイス・アトモスフェアー!!(雰囲気)」をダーリンさんに連発。
ダーリンさん、お父さんが英語をしゃべると思っていなかったのでびっくりしてた。(´エ`;)
簡単な単語ぐらいはイケルんダヨ(それに、この単語は私が直前に教えてあげたのだし)

市内観光は、雨も屋内にいる時だけ降るというラッキーに恵まれ、無事終了。

その日は、ホテルの近所にある日本食屋でテイク・アウェーにお寿司を買って帰ってお部屋で食べることに。

両親の部屋のテレビが2つともつかないって言っていたので、ダーリンさん、行って見てあげることに。
結局、リモコンの電池の接続が悪かったのと、誰かがビデオを見た後にテレビの設定に戻してなかっただけで、簡単に問題解決。

だけど、この後も小さな問題が多発することと、みんなの日本人的遠慮がちな態度のおかげで、私のイライラは募ることになるのです。。。



ご訪問、ありがとうございます!
ポチッとしてね↓










家族到着!

ただいまー。

更新をずいぶんお休みしてしまいましたが、とてもじゃないけど、ブログをゆっくり書いている余裕なんてなかったこの1週間。

結婚式も無事終了し、昨日の深夜、ケアンズからメルボルンに帰ってきました!

毎日ばたばたして、怒濤のように日々が過ぎて行ったので、自分の為の記録もかねて、これから、この1週間に起こった出来事をぼちぼち更新して行こうと思っております。


今日は前回の続き。
関空での波乱の幕開けから、無事に家族が日本を発ったところから。
わたしは、これから起こる様々なドラマを知る由もなく。。。



第1日目:家族がメルボルンに到着

考えれば考えるほど心配が募る、今回の旅。
父、母、妹、伯父、伯母の5人の珍道中。

頼りになりそうなのは妹ぐらいだけど、なんと、父以外は今回が初の海外旅行!
もちろん、ほとんど英語、しゃべれませーーーん!

彼らの経験するストレスを考えると、自分で思っていた以上に心配&ストレスが。。。ヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ
で、家の掃除をしていても、朝からそわそわ、いらいら
ダーリンに「大丈夫だよ、自分が一番落ち着いてないと。」と諭される。

午前中に、ゴールドコーストについて、そこで乗り継ぎ、昼頃メルボルンに到着する予定。
ここで、税関も通過するので、英語でのやり取りを少しでも楽にできるように、空港の地図も先に送って、空港での手続きもすべて連絡済み。

なので、安心していていいはずなのだけど、やはりしんぱ〜い

すると、メルボルンへの出発2時間前、母から電話。
「チェックインカウンターがまだオープンしてないみたいなんだけど。。。どうしたらいいかね。」

ふむ。(。-`ω-)ンー
普通、国内線のチェックインは2時間前には開始されるはずなのだけど。

「もう少し待ってみたら?」
と、忠告したものの、自分の目で見ているわけではないし、彼らは空港内のアナウンスも理解できないので、もしかしたら何か起こっているのか??

と、また不安に。。。。:゜(;´∩`;)゜:。
わたしの心配メーター、あがったり下がったり。
心臓に超悪い。。。うぅ。


が、その1時間後、無事にチェックインし、セキュリティーも通過したとの連絡。
もう、飛行機に乗るだけなので一安心。


午後、メルボルン到着予定時間の少し前に、ダーリンのお母さんに車で空港まで送ってもらう。
私の家族5人+私とダーリン=7人なので、うちの車にはみんなでは乗れないので、空港で8人乗り家族車をレンタル。

鞄をピックアップするところで、待つこと15分ほど。
ドコ?(=・ェ・ =)))(((= ・ェ・=)ドコ?
そわそわ、そわそわ、そわそわ。。。。。。。。。。

いたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!!!
ε=ε=ε=┏(゚ロ゚;)┛ダダダッ!!

おもわず、小走りで走り寄り、妹にはぐっ!!
(普段はそんなことしないんだけど。)

ダーリンとお母さんに、うちの家族、ぎこちなく自己紹介。(∀・;)オドオド(;・∀)

でも、みんな、無事についてよかったよーー
ε-(´・`) フー

それから、ホテルに行って、チェックインし、近所の行きつけのタイ料理屋さんに晩ご飯を食べに。
みんなタイ料理を食べたことがなかったみたいだけど、とっても気に入ったみたいでたくさん食べてましたー。
(やっぱ、疲れた時はご飯よね。)

とりあえず、よかった、よかった

もう、その日は疲れたので、それで終了。
みんな就寝の床についたのでした。


いつも応援、ありがとうございます!
ポチッとな↓
























家族がやってくる!

きゃー!!

昨日から、気が気でならない!!
おろおろ。。。そわそわ。。。

我が家の両親、妹、そして、おじさんとおばさんまでが、私の結婚式の為にメルボルンにやってくるのです!
うちの妹と母親、なんと、今回が初めての海外旅行
おじさんとおばさんも、「新幹線に乗ったのも、何年ぶりかね〜。」ってな強者。。。

わたしがしっかりしなければ!と思い、いろいろな情報や空港での手続きなどをメールで細かく指示。

そして、昨日が出発の日。

うちは広島県にあるので、そこから関空まで出るのも一苦労。

「今新幹線。」
「今、関空行きの特急。空港ついたら連絡するね〜。」
と言う母からのメールを受信し、乗り換えも順調なのでひとまず安心。

が、その後、空港から連絡があり、
「今、最後のゲートのところで待ってるんだけどさー、ちょっとしたドラマだったのよ〜。」と母。

「え?!なに?!」

不安になる私。

「チェックインしようとしてパスポートとチケットをカウンターで出したらねー、”みなさん、ビザの申請されてないようですが?”って。」

なんだとー!!!!????

「でねー、インターネットで簡単に申請できるからって、パソコンルームかなんかに行かされて、そこで手続きしてからまたチェックインカウンター戻ったから、30分くらいロスしたかな?でも、空港早めについてたから大丈夫よ〜

まぢですか?!

妹も、「うちしかパソコン使える人おらんし、必死でやったって!冷や汗かいたわ!」と、ちょっとご立腹。

私が最初に観光でオーストラリアに来たのは7年以上前。
その時は、3ヶ月までの滞在なら、観光ビザなんていらなかった。
それ以来、その他、学生、ビジネス、永住などのビザを持っていたので、すっかり観光ビザがいるなんてことを忘れていた私。

なので、もちろん、親たちにビザがいるなんてこと、一言も言わなかったので、とっても責任を感じております。。。

とりあえず、無事にことなきを得たので良かったですが、これが、空港でどうにもならないものだったらと思うと、かなり心臓がドキドキです。。。

さっき母親から電話があり、ゴールドコーストに到着したとのこと。
ふぅ。

あと数時間、メルボルンに無事に到着してくれることを祈る。

さて、みんながやってくる前に家の掃除しなきゃー!!


いつも応援、ありがとうございます!
ポチッとな↓





05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

greenorchid

Author:greenorchid
オーストラリア在住。
オージーのダーリンと2人暮らし。子なし。ペットなし。
興味あることは、料理、美術関係、ピラテス、ヨガ、ダンス、旅行、スペイン語、スキューバダイビング。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TOEICボキャドリル

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。