スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市内観光

2日目:市内観光

次の日はベタに市内観光をすることに。
メルボルンに6年も住んでいるけど、いざ家族を観光に連れて行くとなると、「うーん、どこがいいんだろ???」と悩む。

事前に思いつく限りのリストを作ってみて、当日の気分&天候に任せることに。

天候と言えば、今週のメルボルン、前日までの初夏のような天気とは打って変わって、どんより雨模様↓↓↓
ダーリンさんは、せっかく家族が来てくれたのに天気のせいでメルボルンの印象が悪くなることをとても心配しているよう。
わたしも、雨の中をうろうろするのはいやだし、毎日、天気予報をチェックしまくり、気が気ではない。

とりあえず、午前中、ヴェクトリア・マーケットに行く。
(万一、雨が降っても一応屋内だしね。)

そこで、家族の購買意欲↑↑↑
メルボルンの天気、思った以上に寒かったのか、妹とおじさんは革のジャケットを購入。
(その後、このジャケットたちは毎日大活躍することに)

そこで、なぜか、私も鞄を購入しちゃったよ。
(だって、安かったんだもん♪)

それから、そこでお昼ご飯を食べて、シティーに移動。

シティーサークルに半周だけ乗り、パーラメント、セイント・ポール教会やフリンダース駅、ブロック・アーケードやカフェの立ち並ぶ狭い小道などを散策。

お父さん、「ナイス・アトモスフェアー!!(雰囲気)」をダーリンさんに連発。
ダーリンさん、お父さんが英語をしゃべると思っていなかったのでびっくりしてた。(´エ`;)
簡単な単語ぐらいはイケルんダヨ(それに、この単語は私が直前に教えてあげたのだし)

市内観光は、雨も屋内にいる時だけ降るというラッキーに恵まれ、無事終了。

その日は、ホテルの近所にある日本食屋でテイク・アウェーにお寿司を買って帰ってお部屋で食べることに。

両親の部屋のテレビが2つともつかないって言っていたので、ダーリンさん、行って見てあげることに。
結局、リモコンの電池の接続が悪かったのと、誰かがビデオを見た後にテレビの設定に戻してなかっただけで、簡単に問題解決。

だけど、この後も小さな問題が多発することと、みんなの日本人的遠慮がちな態度のおかげで、私のイライラは募ることになるのです。。。



ご訪問、ありがとうございます!
ポチッとしてね↓










家族到着!

ただいまー。

更新をずいぶんお休みしてしまいましたが、とてもじゃないけど、ブログをゆっくり書いている余裕なんてなかったこの1週間。

結婚式も無事終了し、昨日の深夜、ケアンズからメルボルンに帰ってきました!

毎日ばたばたして、怒濤のように日々が過ぎて行ったので、自分の為の記録もかねて、これから、この1週間に起こった出来事をぼちぼち更新して行こうと思っております。


今日は前回の続き。
関空での波乱の幕開けから、無事に家族が日本を発ったところから。
わたしは、これから起こる様々なドラマを知る由もなく。。。



第1日目:家族がメルボルンに到着

考えれば考えるほど心配が募る、今回の旅。
父、母、妹、伯父、伯母の5人の珍道中。

頼りになりそうなのは妹ぐらいだけど、なんと、父以外は今回が初の海外旅行!
もちろん、ほとんど英語、しゃべれませーーーん!

彼らの経験するストレスを考えると、自分で思っていた以上に心配&ストレスが。。。ヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ
で、家の掃除をしていても、朝からそわそわ、いらいら
ダーリンに「大丈夫だよ、自分が一番落ち着いてないと。」と諭される。

午前中に、ゴールドコーストについて、そこで乗り継ぎ、昼頃メルボルンに到着する予定。
ここで、税関も通過するので、英語でのやり取りを少しでも楽にできるように、空港の地図も先に送って、空港での手続きもすべて連絡済み。

なので、安心していていいはずなのだけど、やはりしんぱ〜い

すると、メルボルンへの出発2時間前、母から電話。
「チェックインカウンターがまだオープンしてないみたいなんだけど。。。どうしたらいいかね。」

ふむ。(。-`ω-)ンー
普通、国内線のチェックインは2時間前には開始されるはずなのだけど。

「もう少し待ってみたら?」
と、忠告したものの、自分の目で見ているわけではないし、彼らは空港内のアナウンスも理解できないので、もしかしたら何か起こっているのか??

と、また不安に。。。。:゜(;´∩`;)゜:。
わたしの心配メーター、あがったり下がったり。
心臓に超悪い。。。うぅ。


が、その1時間後、無事にチェックインし、セキュリティーも通過したとの連絡。
もう、飛行機に乗るだけなので一安心。


午後、メルボルン到着予定時間の少し前に、ダーリンのお母さんに車で空港まで送ってもらう。
私の家族5人+私とダーリン=7人なので、うちの車にはみんなでは乗れないので、空港で8人乗り家族車をレンタル。

鞄をピックアップするところで、待つこと15分ほど。
ドコ?(=・ェ・ =)))(((= ・ェ・=)ドコ?
そわそわ、そわそわ、そわそわ。。。。。。。。。。

いたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!!!
ε=ε=ε=┏(゚ロ゚;)┛ダダダッ!!

おもわず、小走りで走り寄り、妹にはぐっ!!
(普段はそんなことしないんだけど。)

ダーリンとお母さんに、うちの家族、ぎこちなく自己紹介。(∀・;)オドオド(;・∀)

でも、みんな、無事についてよかったよーー
ε-(´・`) フー

それから、ホテルに行って、チェックインし、近所の行きつけのタイ料理屋さんに晩ご飯を食べに。
みんなタイ料理を食べたことがなかったみたいだけど、とっても気に入ったみたいでたくさん食べてましたー。
(やっぱ、疲れた時はご飯よね。)

とりあえず、よかった、よかった

もう、その日は疲れたので、それで終了。
みんな就寝の床についたのでした。


いつも応援、ありがとうございます!
ポチッとな↓
























家族がやってくる!

きゃー!!

昨日から、気が気でならない!!
おろおろ。。。そわそわ。。。

我が家の両親、妹、そして、おじさんとおばさんまでが、私の結婚式の為にメルボルンにやってくるのです!
うちの妹と母親、なんと、今回が初めての海外旅行
おじさんとおばさんも、「新幹線に乗ったのも、何年ぶりかね〜。」ってな強者。。。

わたしがしっかりしなければ!と思い、いろいろな情報や空港での手続きなどをメールで細かく指示。

そして、昨日が出発の日。

うちは広島県にあるので、そこから関空まで出るのも一苦労。

「今新幹線。」
「今、関空行きの特急。空港ついたら連絡するね〜。」
と言う母からのメールを受信し、乗り換えも順調なのでひとまず安心。

が、その後、空港から連絡があり、
「今、最後のゲートのところで待ってるんだけどさー、ちょっとしたドラマだったのよ〜。」と母。

「え?!なに?!」

不安になる私。

「チェックインしようとしてパスポートとチケットをカウンターで出したらねー、”みなさん、ビザの申請されてないようですが?”って。」

なんだとー!!!!????

「でねー、インターネットで簡単に申請できるからって、パソコンルームかなんかに行かされて、そこで手続きしてからまたチェックインカウンター戻ったから、30分くらいロスしたかな?でも、空港早めについてたから大丈夫よ〜

まぢですか?!

妹も、「うちしかパソコン使える人おらんし、必死でやったって!冷や汗かいたわ!」と、ちょっとご立腹。

私が最初に観光でオーストラリアに来たのは7年以上前。
その時は、3ヶ月までの滞在なら、観光ビザなんていらなかった。
それ以来、その他、学生、ビジネス、永住などのビザを持っていたので、すっかり観光ビザがいるなんてことを忘れていた私。

なので、もちろん、親たちにビザがいるなんてこと、一言も言わなかったので、とっても責任を感じております。。。

とりあえず、無事にことなきを得たので良かったですが、これが、空港でどうにもならないものだったらと思うと、かなり心臓がドキドキです。。。

さっき母親から電話があり、ゴールドコーストに到着したとのこと。
ふぅ。

あと数時間、メルボルンに無事に到着してくれることを祈る。

さて、みんながやってくる前に家の掃除しなきゃー!!


いつも応援、ありがとうございます!
ポチッとな↓





ヘンズ・ナイト

や〜、昨日は久々に飲んだ。。。というか飲まされた。。。
おかげで、びみょーに気分が悪かった昨夜ですが、今日は二日酔いもなく、無事にこうしてブログを更新しております。。。

というのも、職場のみんなが、わたしの「ヘンズ・ナイト」を開いてくれたのです。

みなさん、ヘンズ・ナイトってご存知ですかね??
(イギリスではヘン・ナイトやヘン・パーティー、アメリカやカナダではバチェロレット・パーティーというらしいです。ちなみに、ヘン=雌鳥、です。)

要するに、結婚する女性が、結婚直前に、独身生活最後のひとときを楽しむ為に、女の子友達とするパーティーのことなのですが、たいてい、大量の飲酒とダンス、仮装(かなり過激な)や、はたまたストリッパー(男性よ!もちろん!!)を呼んだりと、ばかさわぎに至ること多々の様子。。。

その男性バージョンは「バックス・ナイト」。
こちらは、新郎と、その男友達によるもので、内容はあまり変わらない。。。。

でも、わたしは、そんな風習とかにはあまり関係ないし、ばか騒ぎをするほどの若さではないので、ちょっとこ洒落たランチを友達とするぐらいで、ヘンズ・パーティーはしない予定だったのです。


が、それを職場の同僚(女性、子持ちシンングルマザー。)に言ったら、「そんなんダメだよ!!じゃあ、私が何か企画する!!!」
と、やる気満々で、わたしがとめるのも聞かず、職場のみんなにすでに日取りを連絡。

職場の人、男性も含むので、正確には「ヘンズ」ではないのだけど、彼女たち、私に隠れて(職場で!)、ヘンズにつきもののこんな物までつくっていた!

ベール


風習にのっとり、こんなベールをかぶらされ、レストランに行くにも、どこに行くにも一晩中コレをつけていないけないのだ!!
とっても80‘sなデザイン...しかもアームバンドまで。。。

恥ずかしい。。。けど周りの人も慣れているので、ちらっとみたりするけど、「ああ、ヘンズね。」ぐらいなもんで、あまり変な目で見られたりすることはありません。。。

ベンチ

午後にはわたしの作業ベンチにもこんな飾りつけが。。。一歩間違えばいやがらせになりかねませんよ。。。
仕事しにくいってば!

仕事終了後は、職場で着替え(もちろんヴェールも装着)、シャンペンで乾杯をしてから、近くの中東系レストランで食事。

もちろん、食事代、払おうとしてもみんなが払わせてくれず、プレゼントに、寄せ書きのカードもいただいて、なんだかほんとに申し訳ないぐらい、みんながお祝いしてくれました。

ストリッパーは来なかったけど、本当にみんなの愛が感じられる楽しい夜になりました☆
みんな、ありがとー





いつも応援、ありがとうございます!
ポチッとな↓



ドレスとスーツ

昨日に引き続き、結婚式ネタ。

以前、ウェディングドレスを注文したと書きましたが、

2週間ほど前に無事到着〜☆
(でも、すんごーくちっちゃく圧縮梱包されていて、少ししわが。。。ま、のばせますが。)

いくら特別な日だからとはいえ、1回しか着ないものにそんなにお金をかけたくない私。
一応、もう籍入れてるしさ。。。
なので、やっすーい中国製ドレス(でもサイズオーダーメードよ)をギャンブラー感覚で注文したものの、どうなるかちょっと心配。。。

だったのだけど、
いや〜ん、結構大丈夫じゃん♪

みなさんにもちょっとちら見せしちゃうわ☆
ドレス

見本の写真と全く同じと言うわけではないのだけど(サイトでも80%くらいの類似度と書いてあった)かなりイメージに近いし。

試着してみたけど、体にもちゃんとフィットしてる!
(でも、裾がちょっと長いみたいで、調整してもらいに行かなきゃです。。。)

このぐらいのできでこの安さ!
大・満・足。
かなりお買い得な買い物をした気分。

願うは当日縫製がほつれるとかのアクシデントがないことを祈るのみ。。。

ちなみに、先週末、ダーリンさんのスーツを探しにおでかけ。
で、何着か試着してみて、気に入ったものを取りおいてもらっていたのですが、今日、思い切って購入いたしました。

したのですが。なんと、あなた、

HUGO BOSSでっせ!!

ファクトリーアウトレットで買ったとはいえ、私のドレスの○倍のお値段!!!!!

でもね、スーツってずっと着れるものだから(というか着なさい!)いいものを1つ買っておいても損はないと思う。
さすがにカット良くて、体にもしっかりフィットしてるし、色も素敵だし、とっても素敵なスーツなのです。
(ダーリンさん、小柄だから合うものを見つけるのなかなか大変なのよ

なにもかもかなり型破りな私たちだけに、結婚式もとうていトラディショナルとはかけ離れているけど、着々と準備は進行中で〜す



ご訪問、ありがとうございます!
ポチッとしてね↓
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

greenorchid

Author:greenorchid
オーストラリア在住。
オージーのダーリンと2人暮らし。子なし。ペットなし。
興味あることは、料理、美術関係、ピラテス、ヨガ、ダンス、旅行、スペイン語、スキューバダイビング。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TOEICボキャドリル

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。