スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレス飛行

おはようございます!!

昨日まで、仕事の関係で3日ほどシドニーへ行っており、更新、遅れてましたー。。。

昨夜帰って来たんですが、今回の旅(と言うほどのものではないはずなのに)今までにないくらいのストレス!!!

というのも、ご存知の方もいらっしゃるかもですが。

水曜日の午後にシドニーに立つ予定だったのですが、メルボルンは突然のストームの襲来で、あちこち水浸し、空港も一時封鎖される惨事に!!

わたしのフライトの直前までは、普通に運行されていたのですが、飛行機に乗り込んだとたんにターマックに響き渡るサイレン。。。
嫌な予感。。。

と、機長からアナウンス。

「あー、ストーム警報が発令されましたので、それが解除されるまで出発できません。」

。。。。最悪なタイミングじゃー!!

それから、15分、30分と時間が経過し、機長アナウンスのたびに失望され続け、なんと、結局2時間半も機内で待たされるはめに!!!!

シドニーについてから、友達のお家に訪問する予定だったのに、結局、3時間遅れで到着したので、あまり話す時間もなくお別れ。(それでも駅まで迎えにきてくれたNちゃん、ありがとー!)

だけど、聞いた話によると、私の後のフライトはすべてキャンセルされたらしく、空港で一夜を過ごした人も多かったとか。
待ちに待ってストレスたまりまくりだったけど、ぎりぎりセーフで最悪の事態を逃れたよう。。。。

今までは、「仕事であちこち行ける仕事って、いいなー。」とか言っていたけど、これもこれも、フライトがスムーズにいけばの話。。。

こんなことが頻繁に起こるなら、絶対胃に良いわけがない。

でも、帰りのフライトは、シドニーの会社のヒトがたまたま同じ時間帯の別のフライトでゴールドコーストへ発つというので、空港まで送ってもらい、プライオリティーチェックインに並び(彼は仕事で頻繁に空港を利用するので、ビジネスクラス特典があるのだ)、ラウンジにまで一緒に連れて行ってもらい、出発までワインを飲んでくつろぐことに

しかも、チェックインした時に、カウンターの人が、私のフライトは欠航になるかもしれないから、と一つ早いフライトに変えてくれたのだけど、メルボルンについてみてみたら、やっぱり欠航になってた!!!

空港にもう少し遅くついていたら、空港で立ち往生することになっていたと思うと、カルマ(業)ってやっぱりあるのかも?!
悪いことがあれば、良いこともその分やってくるもんだ。


昨日は、自分のお布団でぐっすり寝れて、今日は一日、元気でいられそうです!



いつも応援、ありがとうございます!
ポチッとな↓











アラサーのひとりごと

ヒトってものはつくづく欲張りな生き物だと(私だけ??)思う今日このごろ。

わたしは、海外に住んでいて、やさしくて頼もしいダーリンさんもいて、小さいながらも快適なおウチに住んでいて、幸運にも自分のやりたい仕事がある。
世界中の多くの人のように、日々の生活に困窮するってことはない。
健康にも今のところ問題なし。どころか非常に健康。

でも、わたしは30代も半ばにさしかかり、高齢出産は避けられないような状態になってきたので、そろそろ家族計画を実行に移したいのだけど、学校に長く行っていたこともあり、まだまだ仕事で達成したいことがたくさんある。

それに、ダーリンさんは海外旅行が趣味で、子供ができる前にまた、長期の旅行にどうしても行きたいらしい。

去年、新居を購入するまでは、ダーリンさんは実家で、私はシェアハウスで住んでいたので、その頃の一番の欲求不満といえば、毎日合うのが大変だとか、この年にもなって他人と一緒に住むのはしんどい、とかそんなことだったのに、それが解決すると、今度は他のことが悩みの種に。。。


自分が健康で、家族が健康で、日々おいしいご飯が食べられるってことが一番のシアワセだー、ってことは、頭では分かっているものの、人生の悩みは尽きないもんです。
(本当に小さいことにいたっては、足を細くしたいとか、顔のシミが気になるとかまでね!)


人生の先輩方、迷える子羊にどうぞビシッとご指導を。ヨロシク。



いつも応援、ありがとうございます!
ポチッとな↓



洗車

今日はお仕事お休みー。
わーい

午前中は天気もよかったので、日頃から気になっていた私の愛車を洗いに行くことにしました。
小汚くて、ちょっと恥ずかしくなってきかかってたのよ。

ところで、オーストラリアでは、日頃からの干ばつで、節水制限にもレベルが設定されております。
各州によって違いがあるのですが、私の住んでいるヴィクトリア州、メルボルン近郊では、レベル1からレベル4の5段階(レベル3にはaとbの2段階があるので)に分かれていて、水の使用方法に細かい決まりがあるのです。
レベル1が一番制限が緩やか、レベル4になると、なんと屋外での水使用全面禁止!

今年の冬は大量に雨が降り続き、近年まれに見るダムの貯水量を達成しているので、この制限も今までより1段階緩められて、現在はレベル2。

ちなみに。
このレベル2によると、

・芝生の水やりは禁止
・その他庭への水やりはいつでもOK
・自動スプリンクラーによる水やりの場合は夜中から午前4時の間のみ
・自動でないスプリンクラーは午前6時から8時と午後8時から10時
・水まき(植物ではなく路面への)は禁止
洗車はバケツか高圧ホース使用によるもののみ可
・プールへの水はりは許可なしではだめ

という具合。

なので、おウチでホースを使って車を洗っちゃだめなんすよ。
もちろん、うちには高圧ホースないし、バケツで洗車してたら時間かかってしゃーないがな!

ってことで、メルボルンではあちこちに洗車場があるのです。
(やっと本題にもどってきたけど

高級車たちは、手洗い、手ふきで丁寧に洗っていただける洗車場に行かれることが多いようですが(もちろん、コーヒー飲みつつゆったり待ちながらね)、私のミニ車はそんなたいした扱いを受けることなく、セルフの洗車場でいつも洗っております。
ちゃかちゃか洗えば10ドル以下で終了するし、かなりいい運動にもなる。必死でモップこするから。。。
夏場は水浴び気分で、結構楽しんだりしてるし。。。

もちろん、でっかいモップ状の物ががぐるぐる回って自動的に洗ってくれるおなじみの洗車もあることはあるけど、私の車、黒なので、「もし小さい引っ掻き傷ができたら目立つから。」って、ダーリンさんがあまり乗り気でない。

ま、今回はダーリンさんが洗ってくれたので、文句、いいませんがね☆

あー、車が綺麗になっただけで、気分もぴかぴかー
安上がりなわたし(汗)



ご訪問、ありがとうございます!
ポチッとしてね↓

献血〜☆

本日、仕事を早めに切り上げて、献血に行って参りました〜!

日本にいた頃には、駅前とかで出前(?)出張サービスとか来てたらたまに時間があればやっていたのだけど、こちらに来てからは、去年まではちょっとビビって行ってませんでした

が、今年、献血センターが仕事場の近くにできて、職場のみんなで行こう!!
みたいな話になったんで、年の初め頃にオーストラリア初献血を達成〜

それ以来、3ヶ月ごとに出向いておりマッス。
なので、今日は今年3回目。

ワタクシ、結構丈夫なので、献血でクラっときたとかはまだ1度もないです、ありがたいことに。

いつも割とスムーズに採血が終わるんだけど、前回行ったときは、真冬でセンター内も少し寒かったのに加え、隣に座っていた献血初心者の高校生が気分が悪くなってしまい、スタッフの皆さん、みんなそっちの介護に大わらわ。

で、いっぱい待たされてさらに体が冷えちゃって、血の流れ激悪で、かなり時間が。。。
血の巡りを良くしようと、バッグの位置を変えたりいろいろ動かしているうちに、多分内出血。
しばらくは、薬中かと間違われかねないほどの有様に。。。

ところで、「内出血=青たん」のことを、私の地元広島では「あおじ」ってゆうんだよー。
大学生になるまではてっきり標準語だと信じていたの。。。
(あと、「たいぎー」も。。。)

献血といえば、終わった後にジュースやお菓子をもらえますが、(日本でやった時に花の種をもらったことがあったけど、なぜ?)ここのセンター、ジュース、お菓子類がかなり充実。

しかも勝手に色々とっていいので、今日はダーリンさんのお土産にマーズバーまでごっそりとってきちゃった、えへ。

ほれ、こんなに。。。(もう既にビスケットを数枚食べた後の様子)
IMG_0479.jpg

わはは。
このセンターが潰れないことを祈る!!



いつも応援、ありがとうございます!
ポチッとな↓





靴箱

ご無沙汰しておりました〜。

仕事でお疲れ気味で、毎日コンピューターに向かうのも億劫。。。ってな日々を過ごしていたら、あらあら。
いやー、1週間て、あっという間に過ぎますね。。。

ま、言い訳はこの辺にして。

今日は靴箱のお話。

ダーリンさんのご実家のお向かいに住んでいるおじ(い)さん。
とても器用で、何でも作っちゃいます。
彼のガレージにはいろんな工具や工作機械がたーっくさん!!
なんと、小型のスチームエンジンまで作ってしまうんだから驚き

でも、引退する前は薬剤師さんだったとかで、エンジニア系とは全く関係なさそうなお仕事をされてたそうです。
(とても頭がいいことには変わりないわなー。理系脳、私にはない。。。)


このおじさん、たまに趣味兼小遣い稼ぎで、頼めば色んな物を作ってくれるのです。
以前、ダーさんの実家の本箱も作ってもらったんだけど、かなり本格的な出来でびっくり。

で、今回、うちの靴箱も作ってもらっちゃいました☆

うちでは、前々から、玄関に置く靴箱を探していたのだけど、狭い空間にぴったりくるものでデザインも気に入るような物がなくて、しぶしぶ角にまとめておくような形にしていたの。
すごいとっ散らかってていやだったんだよー。

で、こちらが完成形でございま〜す
photo 1

photo 2

取っ手と、座面の生地は私が好きな物を選んで買ってきたもの。

ダーリンさんも、ダーリンさんのご両親やおばあちゃんも、立っての靴の脱ぎ履きに慣れていないので、靴箱にすわれるデザインにしてもらいました。

狭い玄関の角にしっかり収まって、すっきり収納☆
さすがにブーツは入らんけどね(汗)

やー、玄関、片付いてよかった、よかった


ご訪問、ありがとうございます!
ポチッとしてね↓
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

greenorchid

Author:greenorchid
オーストラリア在住。
オージーのダーリンと2人暮らし。子なし。ペットなし。
興味あることは、料理、美術関係、ピラテス、ヨガ、ダンス、旅行、スペイン語、スキューバダイビング。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TOEICボキャドリル

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。