スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネイキッド フォー サタン

昨日は、友達の一人が博士課程の論文を提出したお祝いに、フィッツロイにお出かけしました。
フィッツロイはおしゃれなバーやレストランが多く、ラテンの香りがするわたしもお気に入りの地域です。

その子のリクエストで、Naked For Satanに行くことに。

Naked For Satan...サタン(悪魔)にささげる裸...

名前だけ聞くと、「え?」って感じのお店ですが、HPを読んでみると、”サタン”は、ロシア人のSatanovicさんの名前から来ているよう。。。

でも、なぜ裸???

と、興味津々で読んでいると、このサタノヴィッチさん、大恐慌時代に自分がクリーナーとして働いていたビルの地下にヴォッカの製造マシーンを作って、こっそり作っていたそうな。

その地下の密室がとても熱くて、彼、パンツ一丁で作業してることが多かったらしい。

それで、「彼を手伝いに行く=サタンの為に裸になる」というのが、ヴォッカ密造の暗号となっていたとか。。。

これが、ほんとのお話かどうかははさておき。。。



予約は受け付けないということで、込み合うのを予想して6時半集合。

そのかいあって、大きいテーブルをゲットできたけど、案の定、7時までにはお店はかなりいっぱいになってました。


店内はこんな感じでございますよ。(以下、写真はお借りしました)
店内
よくみると、店内にもヌーディーなお写真があちらこちらに。。。

と思ったら、メニューにもしっかりまっぱのオニーサン(オネーサンもある)が。
メニュー

さて、このお店、ドリンク以外はメニューがありません。

ピントスというバゲットの上にちょっとしたお惣菜を乗っけたのもの(カナッペがでっかくなったもののよう)が、全部$2でいただけます。(ランチタイムと月〜水の夜はなんと各80セント)
pinxtos.jpg


カウンター前には冷たいもの(サーモンとか)が並べてあって、自由に取ってOK。
で、随時、ウエイターさんができたての暖かいピントス(ミートボール、チョリソー、ポテトベイク)などを、飲茶レストランのようにテーブルに運んできてくれるので、好きなものをピックアップしていただきます。

このピントスに爪楊枝が刺さってるの、見えますか???

で、なんと、お会計は、この爪楊枝の数を数えて計算!!
(何本かは隠せるんちゃうか?と思ってしまうけど。。。もちろん、わたしはしませんけど!)
爪楊枝

店内は、ほんとに込んでて、音楽も結構うるさかったので、ゆっくりお話しするって感じの雰囲気ではなかったのだけど、なかなかおもしろかった。

また、今度、土曜以外の日に行ってみよう。。。





いつも応援、ありがとうございます!
ポチッとな↓




スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

greenorchidさん、こんばんは。
ちょっと刺激的なお店の名前と面白いお店の名前の由来だけあって、お店の感じや食事メニューがない所などすごく個性的ですね。ピントス、どれもすごく美味しそうです。全種類食べてみたいですー(笑)。しっかりしたお料理があるお店でお酒を飲むのもいいけれど、こういうおつまみでお酒を飲むのもいいですね!
爪楊枝を数えてのお会計、自己申告っぽいところがメキシコの屋台のタコスやさんに似ていて親近感が沸いてしまいました。お客さんがお会計時にずるをするかしないかはお客さん次第=お客さんを信用する、その姿勢がまたいいんですよね!

はぽねしたさん

こんばんは。
メキシコの屋台も自己申告なんですか?
わたしもタコスは大好きです!是非本場のタコスを食べてみたい!
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

greenorchid

Author:greenorchid
オーストラリア在住。
オージーのダーリンと2人暮らし。子なし。ペットなし。
興味あることは、料理、美術関係、ピラテス、ヨガ、ダンス、旅行、スペイン語、スキューバダイビング。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TOEICボキャドリル

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。