スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルバーブケーキ

オーストラリアに来てから、日本では見かけなかった未知の食材に出会うこと、少なくない。

たまに、スーパーで「なんじゃこれ?」な野菜や果物を見かけては、料理のレパートリーに加えるのが、わたしの中で最近はやってる。

で、今回使ってみたのがこの↓ルバーブ(rhubarb)。
ルバーブ
(http://en.wikipedia.org/wiki/Rhubarbより)


よく、パイなんかのデザートに使われてるのを見かけるけど、今まで自分で料理したことがなかった。


まずは、ルバーブについてちょっとお勉強してみることに。。。φ(・ω・)

☆日本で見かけることがなかったから、イギリスとかヨーロッパ系原産の植物かと思ってたけど、どうやら、古くから中国で薬用に使われていたよう。((φ( ̄Д ̄ )ホォホォ

☆イギリスで砂糖が安く手に入るようになった17世紀頃に料理に広く使われるようになったんだって。
(だから、イギリス系だとわたしが思い込んじゃうわけだ)

☆普通は野菜に分類されるけど、デザートとかに使われることが多いので、アメリカでは、果物として扱われている。
(ホント?!)

☆茎は生で食べると苦いらしい。
(ので試さないよ)

☆で、葉には毒がある!!!

えーーーーーっ?!食べないように気をつけなくっちゃ!!!

と思ってもうちょっと読んでみると、どうやら葉っぱを5キロぐらい食べんと致死量には至らないみたい。ほっ。
そんなにゃー、間違っても食べれんわい。

てなことで、うんちくはこれくらいにし、早速お料理開始。

まずは、ジャムを作ってみる。

1)2〜3cmに切って、計量。
2)好みで全体量の20〜25%の砂糖を加える。
3)レモン汁を少々加えて、弱火で10〜15分間、時々かき混ぜながら煮る。

この時、水を入れないのがポイント。
ルバーブから結構水分が出てくるから、大丈夫!

どおかな?
ルバーブジャム

なんだか、つぶつぶのないイチゴジャムのような味!!
ちょっと甘酸っぱくて、好きかも

で、できたジャムを使って、午後のおやつ用にパウンドケーキ型でルバーブケーキを焼いてみたよ!

ルバーブケーキ

ブラウンシュガーを使って、優しいお味。
ルバーブの甘酸っぱさがいいアクセント

ん、まぁーーい
むふふ、シ・ア・ワ・セ〜


ポチッとな↓














スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

greenorchid

Author:greenorchid
オーストラリア在住。
オージーのダーリンと2人暮らし。子なし。ペットなし。
興味あることは、料理、美術関係、ピラテス、ヨガ、ダンス、旅行、スペイン語、スキューバダイビング。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TOEICボキャドリル

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。