スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パップテスト

先日、パップテストを受けに行った。
パップスメアとも言いますが。

そう、あれですね、子宮頸癌の検診に使われるテスト。
がばっとして、グイッてされて、こちょこちょってされます。。。

今回で2回目だったから、そんなにキンチョーしなかったけど、やっぱりあまり気持ちのよいものではないです。。。

が、ここ、オーストラリアでは、18歳を過ぎたら2年に1回は受けるように勧められています。

このパップテスト、GPでやってくれるし、そんな時間もかからないので、これでがんが早期発見できるんなら絶対やった方がいい!

日本のように、人間ドックがあったり、会社での健康診断が義務づけられているわけではないので、こういった予防検診は基本的に個人責任でやらないといけないのです。

でも、日本でも、”平成17年度の厚生省統計でパップテスト検診率が20%に満たない”って。
(婦人科、若いときはなんか行きにくかったもんなー、わたしも。)

ちなみに、乳がん検診は触診ならパップテストのついでにもやってくれる。
触診と視診は30歳過ぎたら1年に1回はやってもらった方がいいらしいけど。
自分でも常にチェックすることが大事ですねー。

マンモグラフィー
(おっぱいのレントゲン撮影)は、50歳から69歳までの人は2年に1度、40代や70代で症状のない人でも、希望すればただでスクリーニングしてくれます。

ほかにも、大腸がんのスクリーニングは、50歳、55歳、60歳になる年に、検査を受けるようにってGPから手紙が来るみたい。(へー。知らんかった。)
便を自宅で採取してラボに送って、腸内に出血がないか調べるんだそうです。


ほかの癌については、特に決まったスクリーニングプログラムというのはないようですが、男性なら、生殖器の癌は女性と同様、普段から触診なんかで、常に変化がないか気をつけておくことで、早期発見につながるはず。

ふむ。やっぱ、お触りは重要ってことですな。(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪



ポチッとな↓







スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは、
あら、、いいことききました。
乳がんテストは、行きました。。。なんで来たの?と聞かれ、、ただだから、、、と ついいってしまったけど、、、本当のこと!!

大腸がんのテスト、、55歳、、ちょうどそうです、、、聞いてみます。
56歳になったと思っていたら、、、友達が、55歳にしては、、、だよねぇっていわれて、気が付きました。
今も??あれ??55??もう、この年になると、、、60でもなんでもいです。
感謝!!今度お知らせしますねぇ!!

No title

そっかー
おさわりだいじなのか。やっぱり。

でもね、触りたくないもんも、さわられたくない場合も
多々あります。。。

Re: No title

こんばんわ☆
そうなんです。ついつい、忘れがちですけど、自己管理、しなきゃですね。

Re: No title

そうなんですよねー。検査ってのは、何でもあまり気持ちのいいものではないですね。(良くても困るけど。)
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

greenorchid

Author:greenorchid
オーストラリア在住。
オージーのダーリンと2人暮らし。子なし。ペットなし。
興味あることは、料理、美術関係、ピラテス、ヨガ、ダンス、旅行、スペイン語、スキューバダイビング。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TOEICボキャドリル

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。