スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイバイ。

昨日の夜、ダーリン家の飼い犬、シャドウ(ジャーマンシェパード、メス、10歳半)が亡くなりました。

1ヶ月ほど前に、乳腺種(乳がん)の手術をして、余命は3〜6ヶ月、って言われてはいたのですが。。。

前の日に、ダーリンがご両親のお家(うちから2〜3分なので、よく顔を出す)に行った時に、おなかの全体が
すごく腫れているようだし、動きも遅くてなんだかぐったりしてる、って心配していたのです。

そしたら、昨日、ダーリンの弟、Jくん(ご両親と住んでる)から電話がかかってきて、「やっぱりおかしいから、獣医さんに連れて行くの手伝って。」って。

それが、ちょうど私たちがランチを食べていた時。

わたしはお家に残って、ダーリンとJくんは獣医さんへ。

その後、待っても、待っても帰ってこないダーリン。。。

6時過ぎに、さすがにどうなんだろ?と思って電話。

そしたら、もう、ご両親宅に戻っていて、家族で話してるところだって。

獣医さんに、がんが肺と肝臓にも転移していて、肝臓から出血してるって言われた、って。
もう助けられないから、今夜、遅くとも明日には安楽死させないといけない、って。

ちょっぴり、涙声なのが電話越しにも分かる。

シャドウは、わたしが1番最初に紹介されたダーリンの家族。
ガラス越し、深夜のご対面だったね。

シャドウはその時まだ、4歳だったんだな。
それから6年半。
わたしも、彼女の人生の半分以上の時間、一緒に過ごしたってわけだ。
犬の6年半、って、人間の30年分くらいらしいよ。

たまに一緒に散歩に行って、枝を投げたり、テニスボールで遊んだり。。。
彼女は、わたしのこと、結構遊んでくれる人って思って、気に入ってくれていた様子。

シャドウがいなくなってしまうのは、わたしも、すごく残念で、悲しかったけど、彼女がもう苦しまずに安らかに逝くことが、今は一番彼女のために良いことだと思う。

結局わたしは、獣医さんに一緒に行かなかった。
なんとなく、家族だけの神聖な儀式なような気がしたから。。。

あとで、ダーリンに聞いたら、シャドウは麻酔で眠るようにして動かなくなったって。

バイバイ、シャドウ。
ずっと、忘れないよ。










スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

( iдi )
お別れは悲しいね。

greenorchidさんは獣医さんに行かなくて最後の時を見送れなかったこと、寂しいだろうけど逆に正解だったかもよ。
アタシはおじいちゃんの死に目に会わなかったから、なんか今でも生きているような気がしてますもの。

シャドウちゃんのご冥福をお祈りします。

naonyanさん

あったかいお言葉、ありがとうございます。
そう、わたしもまだおウチに遊びに行ったらいるんじゃないかって感じがします。

わたしは逆に、おじいちゃんが、がんで弱くなっていく過程→亡くなったときまでずっと見ていたので、今でも、人に死について考えるときはおじいちゃんのことが頭に浮かぶんですよね。

No title

お別れの時は必ずくるとはいえ、しばらくは涙ちょちょ切れちゃうね。
皆に愛されてシャドウちゃんは幸せだったろうな。
そして彼女との思い出は永遠に不滅です~。

RIP シャドウちん

なるとさん

やー。ブログ書いてる時にも、ちょっぴり涙目になっちゃったよ。
ダーリンは、シャドウにささげる歌を作って、また泣いてた!

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

greenorchid

Author:greenorchid
オーストラリア在住。
オージーのダーリンと2人暮らし。子なし。ペットなし。
興味あることは、料理、美術関係、ピラテス、ヨガ、ダンス、旅行、スペイン語、スキューバダイビング。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TOEICボキャドリル

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。